2016年6月30日木曜日

【雑記】2016年上半期を振り返る

2016年上半期

2016年も今日で折り返し、残すところ半年となりました。この半年を振り返り企画です。
といっても、このブログ作ったのが3月なのですけどねw

beatmania IIDX INFINITAS

2016年振り返るとか3月に出来たブログと言っといて、最初に触れておきたいのが2015年12月にサービス開始したbeatmania IIDX INFINITAS。
CS SIRIUSが発売されずに、家庭用IIDXはもう出ないんだなーとみんな諦めていたところで、テスト~正式サービス開始でした。
「サービス開始は早すぎたのでは?」と言われていましたが、正式サービスから半年以上経ってもなんら変わってない感じ。
バグ修正の対応は早いので開発陣のやる気はあるみたいですが、イベントや曲解禁システム、そして専用コントローラの仕様変更(表記ミス?)のトラブル等悪い話ばかりですね。
来月コントローラが発売され、新規プレイヤーも増えることでしょうし、新生として生まれ変わるといいですね。

ちなみに自分は今年初めからずっと契約してはいましたが、プレイ頻度は低めでした。

jubeat plus

今年3月にバージョンアップがあり、新たな機能として追加された「チャレンジスクラッチ」
週替わりで16曲が無料プレイ(スタミナ制)出来るという機能です。
あまりミュージックパックを購入していない人向けの機能なのかな?と思いきや、毎週1曲くらいミュージックパックで配信されていない曲が先行して遊ぶことが出来るという全曲購入勢もプレイする意味もあるものでした。
Qubell稼働前はQubellから、それ以降はpropのアリーナの曲が毎週配信されていました。
まさかのjukebeatからの曲もあったりと予想の斜め上をいく曲も。

スクラッチ以外はというと、ミュージックパックは変わらずライセンス曲やコナオリ曲を配信されているものの以前ほど盛り上がらなくなったかなー。

チャレンジスクラッチの新曲はプレイしていたけど、それ以外はあまりプレイしなりプレイ頻度は低めだった。兄弟分(?)のREFLEC BEAT plusはほとんどやらなくなったしなー。

フォトカツ

今年初めに配信され、アイカツ!をよく知らないものの音ゲーとしてプレイ始めたこのゲーム。
上半期の自分ニュースとしては一番大きいネタかもしれない。
システムとしてはjubeatに似た感じだけど、よくわからない4パネル分の大きいボタンが出てきたり、そもそも譜面作成の傾向がjubeatとは違うゲーム。
アイカツ!といえばゲーセンで筐体を見たことはあるし、ネット上で人気があるコンテンツとは知ってた。でも、曲とかもよく聞いたことなくキャラも知らない自分でも楽しめる内容で曲もMONACAということでいい曲もたくさん。
ゲームでユニットを作ったりするのに、キャラとかの知識が必要でアニメを見始めるくらいでした。
他のスマホ音ゲーと違って、ユニット構成がスコアに大きく影響しカードゲームのデッキを組むような感じで頭を使うのも面白かった。

配信直後のアプリが起動できなくなる不具合とかその後の数週間はプレイしなかったけど、それ以降3月くらいからはイベントは皆勤賞でした。

ガルフレ音ゲー

去年の12月に配信され、直後に長期メンテナンスで話題になったガールフレンド(♪)。
その後は全く話題になることもないこのゲームですが、個人的には割と楽しめてました。
システムとしてはほぼスクフェスみたいな感じですが、要るのかは別として真ん中のミラーボールとかいう独自のシステムがあったり、衣装によるスコアアップのスキルなんかが結構重要なポイント。
元々ガールフレンド(仮)の曲なんてそんなになかったので新曲はどうなるのか?と思っていましたが、ボカロPとかの描き下ろしの曲が追加されたりと悪くないものでした。ガールフレンドシリーズの売りでもある多数の声優さんが参加している作品でもあるしね。
イベント参加者の人数見てもプレイヤー自体は多くないようですが、上位の方のプレイヤーは結構熱心なプレイヤーが多く報酬が貰える2000位に入るためのはかなり大変。

前回のイベントは若干がっかりでしたが、それ以外は割と高評価。
話題にならずプレイヤーはいないけど、悪いゲームですぐプレイヤーが辞めちゃうっていうものではないと思う。

イベントでは2枚もらうくらいにはやってました。

デレステ

去年秋に配信されて、発表が去年の6月くらいだったと思うからそう考えると1年情報を追っかけてることになるゲーム。
3Dのモデルとか話題になったりと、みんな高評価だけど個人的には配信直後からある処理落ちとかがあるのが"う~ん"な点。配信直後に比べれば大分ましになったとはいえ、iOS版の音ゲーで見てみれば他のアプリでここまで処理落ちするゲームはないんですよね。
SB69は処理落ちがあって、それも過大評価されすぎでは?って思ってるし、処理落ちには厳しい評価をする人なのでそう思ってください。

協力LIVEという新しいタイプのイベントが配信されたりと、ルーム機能が拡張されたりと短い間隔でバージョンアップされて頑張っている感じはあるのですが、みんなが盛り上がってるよりは冷めた感想。

今年になり去年よりも課金する機会は減ったりしたかなー。とはいえイベントは皆勤賞で参加していました。

クロスビーツ

良くも悪くも変わらずという感じのアプリ。プレイ休止・復帰を繰り返しているために持っていない曲があるのも辛いところ。
今年になってからはずっとイベントに参加もしているので曲の取り洩らしはないものの、もうちょっとイノベーションが欲しいなーと思うところ。
今も開催中ですが、過去曲を制限なく入手できる機会がランダム祭っていうのが闇すぎる。
RPを上げるという目標はあるものの、イベント以外でプレミアムチケット使ってまでプレイしようと気にはならないんだよね。
ACのREV.みたいにRCで購入できるようになれば、日々のプレイも楽しくなりそう。

イベント参加して報酬だけは取り損ねないようにっていう感じのプレイで、それ以上頑張る気にはならないのが現状。
RP2000目指すため頑張りたい気持ちがない訳ではないけど、まだ無理ぽいし。

VOEZ

音ゲーアプリ界では今年上半期で一番のビッグタイトルなんじゃないでしょうか?
Cytus、Deemoに続くRayarkの音ゲーアプリ第3弾。アプリ紹介してるサイトでも大々的に取り上げてるのをよく見る。
あまのじゃくだからなのかもしれないけど、過大評価されすぎじゃない?っては思ってる。
確かに悪い点も特にないけど、かといってもすごい評価されるような点も特にないような。
鍵課金して全曲解禁はしたものの時間があったらプレイする程度で、他のゲームでイベントとかやってるとプレイしなくなっちゃう感じの位置づけ。

DIVAFT

PS4で発売された初の本格的な音ゲー?の初音ミク - Project DIVA Future Tone -。
FシリーズからXにかけて、DIVAシリーズに面白みを感じなくなってきていて、半分お布施感覚で購入した今回のDIVAFT。
音ゲープレイにだけ特化して余計なものは入れないという本作ですが、「むしろこれでいいんだよ!」という高評価です。
懐古厨と言われるのかもしれないけど、DIVAを最初に始めた頃の曲とか懐かしくプレイできる。
ボカロ曲をニコニコ動画とかで見たり聞いたりするわけじゃないから、そんなに新曲が~とかも気にならないんだよね。
歴代DIVAシリーズの中でも一番楽しめる作品になっていると思う。(DIVAルームみたいなのが楽しいと思ってた人からすると物足りないのかもしれないけど)

発売されたばかりで、収録曲も多いという点もありますが、今一番プレイしているゲーム。
Vita版のDIVA Xも上半期発売でしたが、もう既に起動してないですね。

その他&総評

ピックアップはしないまでも、プレイヤーの中で話題になっているのが"OverRapid"。古くからのBEMANIプレイヤーからは収録曲の傾向が懐かしいという高評価のようです。譜面もやりごたえがあり、IIDXの高難易度みたいなのをやりたいっていう人も結構楽しんでる人がいるみたい?

他に上半期配信されて触ったゲームだと"ハチハチ"とかもありました。
いわゆるmaimaiのパクリゲーですが、収録曲も結構好きで、そこまで悪いゲームでもないかなーという印象。
知名度の低さとプレイヤーがいない感じはあります。

触ってがっかりだったのが"8 beat Story"かな。
配信直前にいきなり情報が出てきて配信。全く話題になってませんでしたね。
アプリの作りこみももうちょっと頑張ってほしい!と思うところが何点か。
でも、固定のプレイヤーが付いて、こじんまりと運営されている感じのようです。
もしかしたら、成功してナナシスみたいに今後化ける可能性はあるかもしれないですね。失敗すればそのまま消えてしまいそうですが。

女性向けというターゲットの違いからいまいちのめりこめなかったのが"ドリフェス!"。
そして、リアルドリカを読み込むというのがアップルの規約に違反するということで削除。一番の目玉が消えてしまってありふれたアプリになってしまったという印象。

3月にメンテに入ってそのままメンテ中の"スクールスタードリーム"や、6月末に配信予定と言ってたのに未だに配信されてない"プリズミック"など他にもいろいろありましたが、上半期を振り返るとこんな感じ。

ネタとしては他にもまだまだありますが、これ以上書いても誰も読まないだろうしここまででw
下半期もINFINITASコントローラ発売や、"アイドルコネクト"や"バンドやろうぜ"の配信。DIVA X(PS4)の発売など予定されているし音ゲーに困ることはなさそう。

そして、果たしてスクールスタードリームのメンテはいつ終わるのか?!

0 件のコメント :

コメントを投稿