2018年7月19日木曜日

【BenQ XL2411P】音ゲーに適したディスプレイ【遅延】

最近では「家で遊べる音ゲー」というと、スマホ・タブレットで遊ぶ音ゲーが主流です。

一方で、PCではbeatmania IIDX INFINITASやSOUND VOLTEX III(e-AMUSEMENT CLOUD)、Groove Coaster for Steamが、PS4ではDJMAX RESPECTや太鼓の達人 セッションでドドンがドン!、初音ミク Project DIVA Future Tone DX等が発売され多数の音ゲーが家でも遊ぶことが出来ます。

PCやPS4、そしてNintendo SwitchをTVモードで遊ぶ時に気になるのが『遅延』。

遅延とは

そもそも遅延とはなんなのか。
今、主流の液晶テレビやディスプレイは昔のブラウン管テレビに比べると、映像信号を受け取ってから実際に画面に表示されるまでにタイムラグがあります。
その映像が遅れて表示されるラグのことを「遅延」と呼びます。

応答速度

では、「液晶テレビやディスプレイを購入する前に注意するポイントは?」となったときに見る数字が応答速度です。
液晶ディスプレイで各画素の表示切り替え速度を示すものです。一般には、単位にマイクロ秒(ms)が使われ、数字が小さいほど切り替えが早く、残像が少ない鮮明な映像が得られます。もっとも、応答速度を測る標準規格が存在せず、同じ液晶ディスプレイでも黒(オフ)→白(全発光)→黒(オフ)と、黒→中間色→黒では応答速度が異なる(後者のほうが遅い)ことから、製品間で性能を比較する際には参考程度の意味しかもちません。
テレビ番組や動画を見る際は「遅延」を気にすることが少なく、メインのポイントが「残像が少ない」というものになっていますが、表示切替速度なので遅延にも影響する要素の一つです。

実際にはこれ以外にも関係する要素があるとは思うのですが、カタログなどに記載されている仕様で比較できるのは応答速度くらいです。

応答速度を詳しく知りたい方は下のページを参照。
スイッチで「がるメタる!」というゲームが発売された時に話題になったツイートです。
このゲームはリズム天国のように完全に音に合わせてJoy-Conを振るゲームなのですが、"TVモードにした際にテレビが映像と音声のタイミングを合わせるために音声も遅延する"というのが遅延の原因なんだと思う。

遅延の原因の多くはテレビやディスプレイといった映像を映す側にあります。(もちろんそれ以外の遅延もありますが)

液晶ディスプレイ BenQ XL2411P

遅延と応答速度の説明をしたところで、うちで使ってるディスプレイ(の後継機)の紹介です。

先に書くと、使い方によっては100点のディスプレイではありません。

4KやHDRには対応していません。
そういった美しさ等を求める場合はこのディスプレイは適しません。
ですが応答速度は1msと優秀です。
入力は「DVI-DL / HDMI1.4 x 1 / DP1.2x1」に対応しているため、PCだけではなくPS4等のゲーム機を接続することも可能です。

スピーカー

スピーカーは内蔵されていません。
ヘッドフォンジャックがついているので、そこからヘッドフォンやスピーカー等を接続する必要があります。

一般的な液晶ディスプレイについているスピーカーだと音質がいいとは言えない場合があり、別途スピーカーを準備して使うことが多いのでそこまで気にはならないです。

ピボット機能

そして、SDVX CLOUD版や、Steam版グルコスをプレイする際に便利なのが、ピボット機能です。
通常液晶ディスプレイは横長ですが、これを90度回転させ縦長として使うことが出来ます。

当然、映す側のソフトでも縦画面に対応していないと意味がありませんが、SDVX CLOUD版や、Steam版グルコスは縦画面として出力が出来るため、ゲーセンに近い感覚で遊ぶことが出来ます。

他メーカー品

同等の製品としてはAcerの「KG251QFbmidpx」があります。
こちらは24.5インチで若干大きく、スピーカーが内蔵されていますが、ピボット機能はありません。
「やっぱりスピーカーは内蔵で欲しい。」「縦画面にはしない」というのであれば、こっちのほうがいいかもしれない。

さいごに

BenQ XL2411Pは、応答速度が速いため遅延や残像が少なく、PCの他にPS4等も接続できます。
また縦画面にすることもできるので、縦の音ゲーをプレイするときに便利です。

価格もそこまで高い訳ではないので、買いやすいのではないでしょうか。
 

2018年7月11日水曜日

【 #IIDX 】beatmania IIDX INFINITAS スコア管理Excelブック【 #IIDXSB 】 #INFINITAS573

まさか2018年にもなって再度作るとは思っていませんでしたが、過去にCSIIDXのスコア管理用に公開していたIIDXSBのINFINITAS対応版が配信です。

ダウンロード



※このExcelブックは、Googleスプレッドシートでも動作すると思いますが、色が正常に表示されなかったり一部正常に動作しない場合があります。

使い方


ダウンロードした「IIDXSB(INF).xlsx」をExcelで開き、"CLEAR LAMP"と"EX SCORE"の欄を入力してください。
入力が必要な項目はこの2つのみです。

CLEAR LAMP(クリアランプ)

下表に沿って入力してください。
CLEAR LAMPはDJ POINTの計算に使用します。
入力文字 説明 備考
P PERFECT CLEAR INFINITASにはありません。
FC FULL COMBO CLEAR
EXH EX-HARD CLEAR
HARD HARD CLEAR
CLEAR CLEAR
EASY EASY CLEAR
ASSIST ASSIST CLEAR
FAILED FAILED

EX SCORE(EXスコア)

EX SCOREを入力してください。
EX SCOREはDJ POINTの計算に使用します。

自動計算・集計機能

曲別の計算

CLEAR LAMPとEX SCOREを入力すると、DJ LEVEL(DJレベル)、SCORE RATE(スコアレート)、NEXT(次のDJレベルまでのEXスコア)、DJ POINT(DJポイント)が自動で計算されます。(Q列からAC列)

集計

同時に、CLEAR LAMP種別、DJ LEVEL別の集計がされます。(1行から2行)
「クリア詳細」シートにはさらに詳細な集計がされます。(クリア詳細シート)

楽曲データの更新

INFINITASのアップデートがされ、ゲームに楽曲が追加された際はアップデート内容を確認後にGoogleドライブにあるExcelブックを更新します。

自分で更新する場合

自分で行を追加を追加し、ノート数等必要項目を入力することで更新が可能です。
行を追加した場合は、Q列からAC列に入力されている関数のコピーを行ってください

最後に

「IIDXSB」とは、CSIIDX 7th styleが発売された頃に配布していた、ExcelのIIDXスコア管理ブックです。
IIDX Score Bookの頭文字をとって"IIDXSB"と呼んでいました。

2018年6月12日火曜日

【コラム】コンテンツは無料じゃないんです【タダ・ネイティブ】

コラムと言っても、思ったことをただ書きなぐるというシリーズです。

今回は「コンテンツはタダ(無料)が当たり前」といういわゆる"タダ・ネイティブ"の話。

タダ・ネイティブとは?

去年の8月にこういうネット記事がありました。
無料が当たり前! 今の子どもは「タダ・ネイティブ」博報堂生活総研の「トレンド定点」(第3回)

博報堂生活総合研究所が毎年調査しているもので、最近の子どもは「貰えるお小遣いの金額は減っているが、貯金の額は増えている」というもので、お金を使わずに幸福度の自己認識は上がってるんだとか。

最近話題になった「漫画村」や「Anitube」といった海賊版の無料サイトや、「Ameba TV」や「Spotify」といったスポンサーや広告収入で運営、または一部機能が無料で使えるサービスもあります。
「お金を払わなくとも手に入れられるコンテンツがある」という認識があるんですね。

そういったお金を払わなくとも手に入るという思想を持っている世代を「タダ・ネイティブ」と呼ぶらしい。

スマホゲームは基本無料が当たり前

動画や音楽に加えて、スマホゲームもプレイするだけなら無料で、課金コンテンツもある基本無料のものが大半です。

上にも書いた思考から行くと無料で遊べるなら課金しないとなる訳です。
まぁそれはメーカーも想定していることで、ゲームを広めてくれる宣伝(口コミ)になるので、否定していることではないです。

何でも作るにはお金がかかる

食堂やレストランでは料理を提供しているが、肉や魚、米、野菜を作っていないので仕入れて調理(加工)して提供するというのは誰でも理解できること。

一方で、アプリゲームの開発とか、部品交換を必要としない調整で直る修理、最近話題になったところだと声優のアフレコは形がないもので、それにお金がかかるという意識がない人もいる模様。

儲からないサービスは終了していく

基本無料のゲームとはいえ、上に書いた通り開発スタッフの給料は払わないといけないし、最近のゲームだとサーバーと通信して動くゲームがほとんどなのでサーバーの維持費もかかる訳で、ゲームの売上が0だろうと払わないといけないお金がある訳です。

そういった費用より売上が少なく、赤字のサービスは当然サービス終了になってしまうんですね。

サービス継続して欲しいからお金を払う人

売上が少ないゲームのユーザーにも「大好きなゲームがサービス終了しないで欲しいから、たくさん課金する」って人がいます。
確かにそうすることで、売上が上がりサービスが継続するならばメーカーもユーザーもWin-Winといえるのかもしれない。
ただ、それって同じCDを何枚も買ってとかに似てるんじゃなかなと思う。

本来なら、ゲームをプレイする人が一律でお金を払う固定課金(買い切りとか)、プレイする回数に応じてお金を払う従量課金(ゲーセンの料金と一緒)ってのが健全な商売なんじゃないのかなと。

企業は時代に合わせての売り方をしている

買い切りとかが健全だと言って、その売り方をしても今の時代では儲からないでしょう。
それは、タダ・ネイティブの人がいて、その人たちは有料だったら買わないという選択をし、お金を払うのに抵抗のない人たちだけが購入するというのが現状だと思う。

1,000円のゲームがあり、タダ・ネイティブ10人、お金を払う人が10人いたとして、プレイするのは後者の10人だけ×1,000円で、売上は10,000円になり、ユーザーが増えない限り売上は上がりません。

これが無限に課金できるのであれば、タダ・ネイティブの人が10人無課金でも、お金を払う10人が平均2,000円払えば、売上は20,000円になるというのが今の商売。
お金を払う人がいっぱい払えば売上が伸びるという仕組み。

逆にタダ・ネイティブの人が増え、ユーザー全員が無課金だと商売として成り立たなくなる。

結局どうすれば…?

1人で100万とか払うのも、1円も払わないのもユーザーとして正しいとは思っていません。
でも、今の時代の流れがこういうものなので、ここで"こうすればいい!"といっても無意味だし、実際に今の段階では"答えはない問題"なんだと思う。

ただ、"お金を払うのが当たり前(もちろん100万とか払う事ではない)"という認識がつくような時代になったらいいんじゃないのかなぁと思う。

例えば、「無課金では効率が悪いが月に500円払うことで効率が10倍になる、ただし1,000円払ったとしても効率が20倍にはならない」というものであれば、500円は課金するんじゃないのかなと。

10年後、20年後にも基本無料のサービスがメインなのか、それともコンテンツは有料な時代になっているのか。

2018年5月2日水曜日

【IIDX】beatmania IIDX INFINITAS収録曲統計 2018年5月度

はじめに

beatmania IIDX INFINITASも収録曲が360曲を超え、今も毎月曲の追加がされています。
とはいえ、ACのbeatmania IIDXに比べると収録曲数も少なく、また収録されている曲の偏りもあります。

そんな収録曲を数字で見ていくという企画です。
定期的にやろうと思ってはいるものの毎月やってもあまり代り映えしないから周期は未定。

ノート数で見るINFINITAS

最初にノート数の多い曲です。
「INFINITASに収録されている曲の中でSP譜面(N/H/A)の中で一番ノート数が多い曲は?」と聞かれると『LEGGENDARIAや黒譜面がないから穴で多い曲だと、卑弥呼SPAが2119で、天空の夜明けが2072で~』と考える人も多いはず。

でも、INFINITASにはもっとノート数の多い曲があります。
それが"3y3s(Long ver.)(SPA)"です。
INFINITASオリジナル曲でロングっていうくらいなので曲も長く他と比べると同じ条件ではないですけどね。

 

そういった特殊な曲を除くと"卑弥呼(SPA)"、"ワルツ第17番 ト短調"大犬のワルツ"(DPA)"がそれぞれのノート数の多い曲になっています。

DJ POINTで見るINFINITAS

収録曲数とノート数に関係するDJ POINT。
実際は不可能ですが、収録曲を全曲 理論値だしたらDJ POINTはいくつになるのか?
ズバリ答えは「SP 12878.70」と「DP 13320.24」です。
DPのほうがノート数が多い曲が多いため、DJ POINTの理論値も高くなっています。

今日配信の曲も集計に含めているため、ここまで高い人はいませんが、先月(2018/04)の時点でSPのDJ POINT 12000を超えている人はいました。

また、SP・DPともにDJ POINT 10000超えの人も複数人いてDJ POINT 20000超えの人は5人いました(同じく2018/04時点)。

ACも同じですが、全曲解禁していることがスタートラインなDJ POINTなので、全国トップスコアを何曲も持っている人でも持っていない曲が多くあれば上位になれないんですよね。

難易度(LV)分布で見るINFINITAS

INFINITASには現在(2018/05)、363曲の曲が収録されています。
SPで1081譜面、DPで1054譜面があります。


難易度(LV)別にみるとSP・DPともにレベル10が一番割合として多く収録されています。
その次に、レベル5と9が多く収録。
サービス開始当初のレベル高い曲が少ないというのも徐々に解消されつつある感じで、ACの分布に近くなっています。

とはいえ、レベル12が多く収録されるようになったSPADAとかその辺の曲がないのでその辺はまだ少なく感じるかもしれない。

 

シリーズで見るINFINITAS

家庭用SIRIUSが発売されずに、その代わりとして発表されたという経緯もありスタート時の収録曲はSIRIUSの曲が多く収録されていました。
その後に古い曲を中心に収録され、最近はGOLD~EMPRESS曲の収録が多く、徐々にバランスが取れてきました。
最近だと楽曲パックとしてLincleの曲が収録され、シリーズ別でみるとSIRIUSよりもLincleのほうが多くなりました。
といってもこれにはからくりがあり、SIRIUSの新曲よりもLincleの新曲のほうがそもそも多いという理由も関係していたり。

おわりに

基本的にbeatmania IIDX INFINITASはアーケード版beatmania IIDXの家庭用に近い位置づけなので、統計といってもアーケード版のそれに近い結果になります。
でも、ノート数ではINFINITASオリジナル曲が1番多かったり、シリーズ別の収録曲もSIRIUSやLincleの曲は多く収録されているけど、tricoro以降の曲はほぼ収録されていなく、過去の曲もACに比べると少ない状況でアーケードとは異なる結果になります。

そもそもACのデータを集計してる公開してる人がいないとどう違うのか比較が難しいっていう話ですよね。