2018年8月13日月曜日

【コラム】音ゲーに対する ライトゲーマーとコアゲーマーの認識の違い #音ゲー

アプリやアーケードの音ゲーに新規ゲームが登場したり、逆にサービス終了をしたりしてる今日この頃。
どうすればサービス終了せず長く続くゲームになるのかと1ユーザーながら考えている日々です。

音ゲーライトゲーマーと音ゲーコアゲーマー

ゲームをプレイする人。いわゆるゲーマーにも様々な人がいます。

音ゲーでいえばすべての曲をプレイするような音ゲーコアゲーマー。
友達とゲーセンに行ったときにゲームで勝負をするなどの理由で音ゲーをプレイしたり、空いた時間や、ゲームが空いているからという理由でプレイする音ゲーライトゲーマー。

ゲームをたくさんプレイしているから偉いとかはなく、どちらも1ユーザーです。

この記事では音ゲーのことのみを書くので音ゲーは省略して、ライトゲーマーとコアゲーマーと記載します。

ライトゲーマーにとって音ゲーはカラオケと一緒


最近たくさんRTされているツイートにこんなのがありました。

体験版をやって驚き
数十曲で知っている曲ゼロでした

他にも似たような書き込みを見かけることはあります。
よく言われる「知ってる曲がない問題」ですね。

自分もコアゲーマー側の人間なので「新たな曲、新たなアーティストと出会える」という主張もわかります。

一方で、「知らないゲーム」、「知らない曲」という条件で新規のプレイヤーが始めづらいのもわからなくもない。

ライトユーザーにとっての音ゲーはカラオケに近いのかな?と思う。
ゲームのシステムが面白いはあまり関係なくて、知ってる曲をプレイしたいというのがほぼ全てということ。

コアユーザーも知ってるアーティストを優先してる

「新規音ゲーを作りました! 作ってる曲は新人です! 面白いから遊んでください!」とか言われても興味を惹かれないかと思います。

でも、いろんな音ゲーに曲を提供しているt+pazoliteさん、削除さん、xiさん、黒魔さんやNAOKIさんが曲を提供しているといえば、それで興味ことはあるのではないでしょうか。

知っている曲・アーティストが違うだけで、コアユーザーも知ってる曲・アーティストがいるから興味を持つということは一緒なのかもしれない。

興味を持つきっかけは、"知っている曲"または"知っているアーティスト"

結局のところジャンルは違えど、知っている曲やアーティストというのは重要なこと。

「J-POPはいらない」「東方はいらない」、「ボカロはいらない」とかいう人はいるけど、それでそのゲームを始めるきっかけになったりするし、趣味嗜好は人それぞれなんだから興味がない曲に対して文句を言うべきではないんじゃないのかなと思う。

コアユーザーの中には、スマホのアイドルリズムゲームには興味がないという人もいたりしますが、それも「アイドルキャラにも曲にも興味がないからやらない」という似たような理由なんじゃないかと思う。結局は趣味の問題っていう。

「ゲームに入れる曲(ジャンル)は多岐にわたっていればいい」というゲームもあれば、「ゲームのメインターゲットが好みそうな曲をピンポイントで入れる」というゲームもある。

ユーザーの趣味も、ゲームの方向性もそれぞれなんだから自分に合うものをプレイし、それを「面白い!楽しい!」とだけ書いていればよくて、趣味に合わないものをつまらないとか知ってる曲がないと批難する必要はないんじゃないですかね。
自分が楽しいと思っているものを悪く言われるのは誰だって嫌なことでしょう。

2018年8月7日火曜日

【NAOKI】新音ゲープロジェクト? 「UNLIMITED STUDiO」始動

NAOKI氏が意味深なツイートを?!
「再始動 はじめます」と一緒に謎のサイトのURLがツイートされました。
サイトにはNAOKI氏のメッセージが記載されているのみで、具体的な内容は不明のまま。

【謎解き1】HTMLソース

そこでいつも通りHTMLのソースコードを覗いてみました。
<meta name="keywords" content="unlimited studio,naoki maeda,前田尚紀,ゲーム">
unlimited studioやnaoki maedaと一緒にゲームの文字がありました。
これは新しいゲームのプロジェクトなのか?

【謎解き2】WHOIS

ソースにはほかにヒントになりそうなものがなかったので、次にドメイン情報を調べてみました。
ホームページのドメイン名はWHOISというサービスを使うことで、そのドメインを取得した登録者名や連絡先を確認することが出来ます。
[Domain Name]                   UNLIMITED-STUDIO.JP
[登録者名]                      Applibot, Inc.
Applibot(アプリボット)という会社が取得していました。
TV CMなんかもしていたグリモアなんかを作っている会社のようです。
ということは、「UNLIMITED STUDIO」は新しいゲーム関係ってことなのかな?
リズムゲームとしては、グリモアのリズムゲーム「グリメロ」というのを配信しています。

新音ゲーなのか?

参加アーティストを募集しようとしている段階でまだまだ完成は先のようで、音ゲーとは確定していませんが新しいゲームとして期待して待つことにします。

2018年7月25日水曜日

【縦画面】SDVX CLOUDとSteam版グルコスの縦画面設定方法 #グルコス #SDVX

ゲームセンターでも稼働している"SOUND VOLTEX"と"GROOVE COASTER"。
"SOUND VOLTEX III(e-AMUSEMENT CLOUD) "と"GROOVE COASTER for STEAM"というPC版が配信されていて、家で遊ぶことが出来ます。

この2つの音ゲーの共通の特徴は縦画面であるということ。PC版もどちらも縦画面でプレイが可能です。
ただ、設定方法が異なるので注意が必要です。

GROOVE COASTER for STEAMの設定

まずSteam版グルコスです。
縦画面でプレイするには「ゲーム側の設定」と「Windows側の設定」の2つの設定を行う必要があります。

ゲーム側の設定

Steam版グルコスを起動し、[SHOP & SETTING]から[SETTING]を開きます。

SETTINGの[GRAPHICS]から[縦置きディスプレイ]を選択します。
設定をしたらゲームを終了させます。
※この設定は次回起動から有効になります。

Windows側のディスプレイ(画面の解像度)設定

Windows 10の場合
「ディスプレイ設定」の「向き」を「縦」に変更します。
詳しくは以下のリンク参照。
Windows 8 / Windows 7の場合
「画面の解像度」の「向き」を「縦」に変更します。
詳しくは以下のリンク参照。
ゲーム側の設定とWindows側の設定を変更したら、ゲームを起動します。

SOUND VOLTEX III(e-AMUSEMENT CLOUD) の設定

次に、SDVX CLOUD版の設定方法です。
SDVX CLOUD版は上に書いたSteam版グルコスの方法でも縦画面にすることが出来ます。
それに加えて、下の方法でも縦画面にすることが出来ます。
SDVX CLOUDのランチャーを起動し、[SETTINGS]の描画設定からゲーム画面の向きを選択します。右回転させるか、左回転させるかの設定が可能です。
※この方法で縦画面に設定する際は、Windowsのディスプレイ設定は変更する必要はありません。

まとめ

ディスプレイ設定とゲームの設定の組み合わせでは、上下左右に余白が出来てしまいます。
正しい設定にすることで余白なしの表示にすることが出来ます。
- ディスプレイ設定 横 ディスプレイ設定 縦
SDVX(回転なし) 〇(左右余白) 〇(余白なし)
SDVX(90度回転) 〇(余白なし) 〇(左右余白)
グルコス(横置きディスプレイ) 〇(左右余白) ×(上下左右余白)
グルコス(縦置きディスプレイ) ×(上下左右余白) 〇(余白なし)
(一部、あいまいなので確認して修正します)

ピボット機能

ピボット機能(画面回転)が出来る液晶ディスプレイであれば、縦画面にしてゲームセンターに近い環境で遊ぶことが出来ます。
もし使っているディスプレイがピボット機能に対応していないのであれば、モニターアームを使い縦に向きを変更することも可能です。
大きなディスプレイだとモニターアームで支えきれない場合もあるので注意が必要です。

さいごに

ボルテとグルコスの設定方法を書いてきました。
ゲームを起動する際のみディスプレイを縦に設置して遊ぶのであればボルテのほうが楽ですね。

どちらのゲームも普段から縦画面で使っているのであれば、最初に設定をすればゲームを起動するだけで縦画面でプレイは可能です。

使用しているパソコンによってはWindowsのディスプレイ設定で縦に変更が出来ない場合があるようで、その場合はグルコスは縦画面にすることは出来ません。

2018年7月19日木曜日

【BenQ XL2411P】音ゲーに適したディスプレイ【遅延】

最近では「家で遊べる音ゲー」というと、スマホ・タブレットで遊ぶ音ゲーが主流です。

一方で、PCではbeatmania IIDX INFINITASやSOUND VOLTEX III(e-AMUSEMENT CLOUD)、Groove Coaster for Steamが、PS4ではDJMAX RESPECTや太鼓の達人 セッションでドドンがドン!、初音ミク Project DIVA Future Tone DX等が発売され多数の音ゲーが家でも遊ぶことが出来ます。

PCやPS4、そしてNintendo SwitchをTVモードで遊ぶ時に気になるのが『遅延』。

遅延とは

そもそも遅延とはなんなのか。
今、主流の液晶テレビやディスプレイは昔のブラウン管テレビに比べると、映像信号を受け取ってから実際に画面に表示されるまでにタイムラグがあります。
その映像が遅れて表示されるラグのことを「遅延」と呼びます。

応答速度

では、「液晶テレビやディスプレイを購入する前に注意するポイントは?」となったときに見る数字が応答速度です。
液晶ディスプレイで各画素の表示切り替え速度を示すものです。一般には、単位にマイクロ秒(ms)が使われ、数字が小さいほど切り替えが早く、残像が少ない鮮明な映像が得られます。もっとも、応答速度を測る標準規格が存在せず、同じ液晶ディスプレイでも黒(オフ)→白(全発光)→黒(オフ)と、黒→中間色→黒では応答速度が異なる(後者のほうが遅い)ことから、製品間で性能を比較する際には参考程度の意味しかもちません。
テレビ番組や動画を見る際は「遅延」を気にすることが少なく、メインのポイントが「残像が少ない」というものになっていますが、表示切替速度なので遅延にも影響する要素の一つです。

実際にはこれ以外にも関係する要素があるとは思うのですが、カタログなどに記載されている仕様で比較できるのは応答速度くらいです。

応答速度を詳しく知りたい方は下のページを参照。
スイッチで「がるメタる!」というゲームが発売された時に話題になったツイートです。
このゲームはリズム天国のように完全に音に合わせてJoy-Conを振るゲームなのですが、"TVモードにした際にテレビが映像と音声のタイミングを合わせるために音声も遅延する"というのが遅延の原因なんだと思う。

遅延の原因の多くはテレビやディスプレイといった映像を映す側にあります。(もちろんそれ以外の遅延もありますが)

液晶ディスプレイ BenQ XL2411P

遅延と応答速度の説明をしたところで、うちで使ってるディスプレイ(の後継機)の紹介です。

先に書くと、使い方によっては100点のディスプレイではありません。

4KやHDRには対応していません。
そういった美しさ等を求める場合はこのディスプレイは適しません。
ですが応答速度は1msと優秀です。
入力は「DVI-DL / HDMI1.4 x 1 / DP1.2x1」に対応しているため、PCだけではなくPS4等のゲーム機を接続することも可能です。

スピーカー

スピーカーは内蔵されていません。
ヘッドフォンジャックがついているので、そこからヘッドフォンやスピーカー等を接続する必要があります。

一般的な液晶ディスプレイについているスピーカーだと音質がいいとは言えない場合があり、別途スピーカーを準備して使うことが多いのでそこまで気にはならないです。

ピボット機能

そして、SDVX CLOUD版や、Steam版グルコスをプレイする際に便利なのが、ピボット機能です。
通常液晶ディスプレイは横長ですが、これを90度回転させ縦長として使うことが出来ます。

当然、映す側のソフトでも縦画面に対応していないと意味がありませんが、SDVX CLOUD版や、Steam版グルコスは縦画面として出力が出来るため、ゲーセンに近い感覚で遊ぶことが出来ます。

他メーカー品

同等の製品としてはAcerの「KG251QFbmidpx」があります。
こちらは24.5インチで若干大きく、スピーカーが内蔵されていますが、ピボット機能はありません。
「やっぱりスピーカーは内蔵で欲しい。」「縦画面にはしない」というのであれば、こっちのほうがいいかもしれない。

さいごに

BenQ XL2411Pは、応答速度が速いため遅延や残像が少なく、PCの他にPS4等も接続できます。
また縦画面にすることもできるので、縦の音ゲーをプレイするときに便利です。

価格もそこまで高い訳ではないので、買いやすいのではないでしょうか。