2019年1月29日火曜日

【BEMANI】スマホ版IIDX、SDVX、DDRが発表【ULTIMATE MOBILE SERIES】

今年も今月25日~27日の日程でJAEPOが開催されました。
JAEPOと言えば、アーケードゲーム機のイベントですが、昔からコナミのブースにはjubeat plus・REFLEC BEAT plusがおいてあったり、INFINITASコンの試遊が出来たりと家庭用ゲームに関係するものも置いてあったりします。

そんなJAEPO 2019でスマホ版のIIDX、SDVX、DDRが発表されました。

現在予約受付中のIIDXとSDVXの専コンエントリーモデルにも対応してるようで、タッチ操作も出来るとはいえ実際プレイするにはほぼ必須になるんじゃないのかな。


気になるプレイ料金や詳細な対応機種は不明で、スマホで画面が小さいことに関しては外部出力でテレビ等に出力が出来るみたいなので環境を整えればクリアできるのかな?

IIDXに関してだと、この試遊できたバージョンではハイスピと譜面難易度の変更のみが可能で乱などのオプションは使えなかった模様。
ハイスピも緑数字で設定するタイプのようです。


現在、IIDXとSDVXはコナスタ版としてPCでプレイ可能な訳ですが、これとの連動や月額契約してると割引かその月額の中で遊べたりするのかな。
既存の専コンがあるから、エントリーモデルは見送りでもいいかなと考えていたのですが、ちょっと買おうかと悩み中。

2019年1月23日水曜日

【NESiCA】Amusement ICに引き継ぐ前に確認すること

気がつけば、1月も20日を過ぎましたが、今年一発目の投稿です。というか数か月ぶり…。
昨日、タイトーから大きな発表がありました。
それが、「NESiCAもAmusement ICに参入」の発表。

コナミのe-amusement pass、セガのAime、バンナムのバナパスらは既にAmusement IC対応になっており、これにタイトーのNESiCAが加わったことになりました。

これでe-pass、Aime・バナパス、NESiCA対応のゲームが1枚のカードで遊べるようになります。

これだけ聞くと便利そうなのですが、NESiCAに関してだけは引継ぎ前に注意が必要です。

NESiCAを引き継ぐ前に

一瞬「どういうこと?」と思ったのですが、NESiCAはすべての機種が一度にAmusement ICに対応するのではなく、「順次対応」というのが注意点。
対応していない機種ではAmusement ICに引き継いでしまうと遊べなくなってしまうということみたいです。

最初の対応タイトルはストVのみのようなので、NESiCA→Amusement ICに引き継いでしまうと、ストV以外のゲームが遊べなくなってしまということに。

現在も多数のNESiCA対応のゲームが稼働していますが、自分が遊んでいるNESiCA対応のゲーム全てがAmusement ICに対応してから引き継ぐのがいいようです。

対応ゲームは公式サイトから確認を。
NESiCA.net