2018年6月12日火曜日

【コラム】コンテンツは無料じゃないんです【タダ・ネイティブ】

コラムと言っても、思ったことをただ書きなぐるというシリーズです。

今回は「コンテンツはタダ(無料)が当たり前」といういわゆる"タダ・ネイティブ"の話。

タダ・ネイティブとは?

去年の8月にこういうネット記事がありました。
無料が当たり前! 今の子どもは「タダ・ネイティブ」博報堂生活総研の「トレンド定点」(第3回)

博報堂生活総合研究所が毎年調査しているもので、最近の子どもは「貰えるお小遣いの金額は減っているが、貯金の額は増えている」というもので、お金を使わずに幸福度の自己認識は上がってるんだとか。

最近話題になった「漫画村」や「Anitube」といった海賊版の無料サイトや、「Ameba TV」や「Spotify」といったスポンサーや広告収入で運営、または一部機能が無料で使えるサービスもあります。
「お金を払わなくとも手に入れられるコンテンツがある」という認識があるんですね。

そういったお金を払わなくとも手に入るという思想を持っている世代を「タダ・ネイティブ」と呼ぶらしい。

スマホゲームは基本無料が当たり前

動画や音楽に加えて、スマホゲームもプレイするだけなら無料で、課金コンテンツもある基本無料のものが大半です。

上にも書いた思考から行くと無料で遊べるなら課金しないとなる訳です。
まぁそれはメーカーも想定していることで、ゲームを広めてくれる宣伝(口コミ)になるので、否定していることではないです。

何でも作るにはお金がかかる

食堂やレストランでは料理を提供しているが、肉や魚、米、野菜を作っていないので仕入れて調理(加工)して提供するというのは誰でも理解できること。

一方で、アプリゲームの開発とか、部品交換を必要としない調整で直る修理、最近話題になったところだと声優のアフレコは形がないもので、それにお金がかかるという意識がない人もいる模様。

儲からないサービスは終了していく

基本無料のゲームとはいえ、上に書いた通り開発スタッフの給料は払わないといけないし、最近のゲームだとサーバーと通信して動くゲームがほとんどなのでサーバーの維持費もかかる訳で、ゲームの売上が0だろうと払わないといけないお金がある訳です。

そういった費用より売上が少なく、赤字のサービスは当然サービス終了になってしまうんですね。

サービス継続して欲しいからお金を払う人

売上が少ないゲームのユーザーにも「大好きなゲームがサービス終了しないで欲しいから、たくさん課金する」って人がいます。
確かにそうすることで、売上が上がりサービスが継続するならばメーカーもユーザーもWin-Winといえるのかもしれない。
ただ、それって同じCDを何枚も買ってとかに似てるんじゃなかなと思う。

本来なら、ゲームをプレイする人が一律でお金を払う固定課金(買い切りとか)、プレイする回数に応じてお金を払う従量課金(ゲーセンの料金と一緒)ってのが健全な商売なんじゃないのかなと。

企業は時代に合わせての売り方をしている

買い切りとかが健全だと言って、その売り方をしても今の時代では儲からないでしょう。
それは、タダ・ネイティブの人がいて、その人たちは有料だったら買わないという選択をし、お金を払うのに抵抗のない人たちだけが購入するというのが現状だと思う。

1,000円のゲームがあり、タダ・ネイティブ10人、お金を払う人が10人いたとして、プレイするのは後者の10人だけ×1,000円で、売上は10,000円になり、ユーザーが増えない限り売上は上がりません。

これが無限に課金できるのであれば、タダ・ネイティブの人が10人無課金でも、お金を払う10人が平均2,000円払えば、売上は20,000円になるというのが今の商売。
お金を払う人がいっぱい払えば売上が伸びるという仕組み。

逆にタダ・ネイティブの人が増え、ユーザー全員が無課金だと商売として成り立たなくなる。

結局どうすれば…?

1人で100万とか払うのも、1円も払わないのもユーザーとして正しいとは思っていません。
でも、今の時代の流れがこういうものなので、ここで"こうすればいい!"といっても無意味だし、実際に今の段階では"答えはない問題"なんだと思う。

ただ、"お金を払うのが当たり前(もちろん100万とか払う事ではない)"という認識がつくような時代になったらいいんじゃないのかなぁと思う。

例えば、「無課金では効率が悪いが月に500円払うことで効率が10倍になる、ただし1,000円払ったとしても効率が20倍にはならない」というものであれば、500円は課金するんじゃないのかなと。

10年後、20年後にも基本無料のサービスがメインなのか、それともコンテンツは有料な時代になっているのか。

0 件のコメント :

コメントを投稿